佐々木法律事務所 民事事件・刑事事件・その他の法律のご相談に応じます。まずはお電話下さい。

佐々木法律事務所
電話番号

03-6252-5633

(午前9時~午後5時)

〒104-0061 東京都中央区銀座6丁目12-15 いちご銀座612ビル 6階B室

佐々木法律事務所

民事事件・刑事事件・その他の法律のご相談に応じます。

まずはお電話下さい。

03-6252-5633(平日午前9時より午後5時まで)

弁護士紹介

佐々木 隆司
弁護士 佐々木 隆史(ささき たかし)
生年月日 昭和47年8月3日
出身地 神奈川県横浜市
経歴
  • 平成3年3月 都立武蔵野北高等学校卒業
  • 平成4年4月 明治大学法学部入学
  • 平成8年3月 同校卒業
  • 平成15年   司法試験合格
  • 平成17年10月 弁護士登録
趣味 剣道、ピアノ演奏、将棋
好きな言葉 朝に道を聞かば夕に死すとも可なり
現住所 東京都東久留米市

弁護士としての目標

 基本的には、ごく普通の市民の方々が巻きこまれるような身近なトラブル全般を解決し、多くの身近な人達から信頼される弁護士になることを目指しています。ところで私は、弁護士の経験年数がまだ少なく、また、今まで身近で雑多な事件をその都度処理してきたので、正直なところ専門分野と呼べるものを確立しているとは言えません。 専門分野の確立は、今後、更に多くの事件を処理して行く中で目指していくべき課題だと考えています。

 ただ、どんな事件の処理に際しても、事実関係に争いがある限り、自分の足と目で事件の現場を確認し、科学的な証拠の収集・分析の手法を使って真実を明らかにすることが重要だと考えています。そのうえで、勝たなければならない事件は必ず勝訴するよう全力を尽くすとともに、負けるべき事件について策を弄して勝訴することなどないよう自ら慎み、また依頼人を説得する事件処理を心がけます。

 裁判は、勝負事でもゲームでもありません。権利を持つ者が権利を実現する過程です。ですから権利を持つ者にとって、裁判で勝訴するのは当然のはずです。しかし、大変残念ですが、その当然のことを実現するのが、法律の専門家にとってさえ難しいことが少なくないのです。

 どれほど多くの権利者が、弁護士の証拠の収集不足や不適切な主張のため、あるいは裁判官の誤った事実認定のために権利の実現を妨げられてきたことでしょうか。

 私は、権利を持つ者が権利を実現するという、当然のことが当然に実現される裁判を目指し、一人の弁護士として全力を尽くしていきたいと思っています。